防犯カメラやワイヤレスカメラで被害ストップ│セキュリティ・ガイド

定期メンテナンスの必要性

防犯カメラ

新品で買ったばかりの防犯カメラでも、長く使用し続けていれば必ず経年による劣化が現れます。設置しても普段その姿を意識することはないので、多くの人はほったらかしにしたままとなるでしょう。しかし、きちんとカメラの作動確認を定期的に行なっていなければ、もしも自宅で犯罪行為が行われても犯人の姿をしっかり撮影できなかったという自体に陥りかねません。身近にある電化製品と同じく防犯カメラにも寿命はあります。特に毎日のように絶えず動き続けるカメラですので、劣化が来るのも早いのです、一般的な防犯カメラの寿命は5年から6年、耐久性の高い最新のカメラでも10年が交換目安となります。しかし、海に近く塩害などが見られる地域や、風雨に直接晒される場所に設置している場合であれば、寿命はさらに短くなるため注意しましょう。

防犯カメラが寿命を迎えると、電源が全く入らなくなることや、映像に乱れがあること、または映像が全く映らないといった問題が発生します。このような異変が起こる場合、必ずカメラにその前触れと呼べる問題が発生します。突然電源が落ちてしまい、何度も電源を入れ直すはめになることや、機能が一部使えなくなるといったことです。使用中に何らかの異変が見られたのなら、必ず専門の会社に修理を出すとよいでしょう。また、カメラの寿命を伸ばす方法として、定期的にメンテナンスを依頼するという方法も挙げられます。カメラの寿命は、機器内部にホコリが入りこむことや、部品の一部がサビてしまうことなどが挙げられます。定期メンテナンスでは、機器の外装だけでなく、機器内部の修理や部品交換、清掃を行ないます。半年に一回頼むことで、見た目だけでなく機器の機能性も高いレベルを維持し続けられるでしょう。

PICK UP