防犯カメラやワイヤレスカメラで被害ストップ│セキュリティ・ガイド

設置費用が安い

監視カメラ

ワイヤレスの防犯カメラの利点は、取り付け工事が非常に安いことです。通常の防犯カメラですと、取り付け工事を行なう場合は、必ず配線工事を行ないます。カメラを使用する際には電源を必要とするため、電源コードを繋げる必要があります。また、録音した画像を録画機器などに記録するため、室内のコンピューターともコードを繋げる必要があります。単なる電設機器であれば、長いコードを設置するだけで済ませることができます。しかし、設置するのは防犯カメラであるため、目に見える位置にコードを設置するのは問題となります。防犯カメラを設置する目的として、相手が犯罪行為をしている瞬間を録画することが挙げられます。コードが見える位置にあると、犯人にすぐカメラの存在を気取られてしまうため、決定的な瞬間を撮影することができないのです。したがってコードを壁に埋め込むこととなりますが、壁への埋め込み工事をするとなると、壁に穴を開ける作業や埋める作業も行なうため、施工費は高額なものとなります。しかし、ワイヤレスの防犯カメラであれば、こうした問題もなく設置できます。名前通りコードを設置する必要がないので、壁への埋め込みをする費用もなく安く設置ができるのです。

電波を遠隔で飛ばして使用するワイヤレスの防犯カメラは、設置も簡単に済ませられます。ほとんど本体機器を設置するだけで済ませられるので、設置を依頼した場合にもごく短時間で終えることができます。また、コードの位置なども関係なく自由に設置ができるため、ワイヤレスの防犯カメラは犯人の姿をしっかりと撮影する場合にも効果的といえます。

PICK UP